都立高校推薦入試

昨日、今日は都立高校の推薦入試です。

あらかじめ中学校から提出してある内申点、当日の小論文、面接、集団討論で合否が決まります。

倍率が2-7倍と高いため、くじに当たるようなものと普通の塾ではあまり対策をしないようです。

また多分、推測ではありますが普通の塾では推薦入試で合格してしまったら、今までやって来た5教科の勉強やV模擬も無駄になってしまいますし、一般入試の2月末まで生徒を引き止めておく方が経営的にも良いのだと思います。

しかし考えてみてください。推薦入試で受かってしまった方が、学力試験を受けなくてもいいし、何より早く決まるし、絶対楽ですよね。ましてや普通の子はくじに当たるようなものと運任せなら、対策をして推薦入試に臨む価値は十分あると思います。

『作文虎の穴』では、推薦入試対策に力を入れています。小論文ははじめは書けなくても、10本も練習すればかなり楽に書けるようになりますし、面接や集団討論は元面接官の立場から、学校の画一的な指導と違い、 別の角度からその子の個性をキラリと表現できるような指導を行なっています。

昨日も『小論文書けたよ〜』というメールや、本日の面接試験のために遅くまで練習に来てくれた生徒さんで大忙しでした。

今まで頑張って来た子供たち全員が自分の最善の力が出せますよう、心から祈ってます✨

お天気が心配ですね。雪⛄️の予報も出ています。早めに家を出ましょう。